【女子大生と教授(と僕)のありがちな】2話あらすじネタバレ

彼女の体は徐々に乱れていく

女子大生と教授(と僕)のありがちな
【第2話】
彼女の笑顔が陰る理由は僕は気づかない
Handyコミック【女子大生と教授(と僕)のありがちな】LP1※スマホ専用

 

ここ数日、沙依の様子がおかしいことに気がついたB。

 

どこか無理をして笑っているような気がするのだ。

 

しかし一方で、雰囲気はどことなく色っぽくなったような気がしていた。

 

どこか悪いところがあるんじゃ?

 

そう聞いても何でもないと答える沙依。

 

二人でそんな話をしているところにKが現れる。

 

また二人で分からない話をするのかと思いきや、三人での会話は思ったより弾みBは好印象を抱く。

 

感じのいい先生じゃないか…

 

そう感じたBはKに信頼を寄せていくのであった。

 

しかし、Bの見えないところで沙依の指は震えていたのである。

 

彼には絶対に知られたくない!

 

そんな沙依の気持ちを知ってか、Kは毎日のように彼女を抱いた。

 

無駄だと分かっていても抵抗を続ける沙依。

 

だがそんな抵抗むなしく、彼女は毎日のようにKに抱かれる日々を送っていた。

 

今日は誰もいない資料室で関係を強要される…

 

立ったままパンツを下ろされ、スカートをめくると可愛いお尻があらわになった。

 

小刻みに震えながらもこれからされることを想像し、沙依の呼吸は早くも上がり始める。

 

後ろ向きに立たされ、その時を待つ彼女に向かってKは告げた。

 

人は滅多に来ないから…そう言いながら中に侵入していくのであった。

 

幾度となく彼のモノを受け入れているせいか、沙依の中にすんなりと吸い込まれていくKのモノ。

 

部屋の中にはいやらしい音が響き渡っていた。

 

いつもと違うのはこの場所と、そして彼の態度であった。

 

今までの激しい交わりと違って優しい態度に違和感を感じる沙依。

 

そして自分の体が慣らされ、彼のモノを受け入れていることに気が付きつつあるのであった…

 

>>第3話あらすじネタバレ

電子コミックで今すぐ読んでみる!

女子大生と教授(と僕)のありがちな

▼▼まずは無料サンプル試し読み▼▼

Handyコミック【女子大生と教授(と僕)のありがちな】LP1※スマホ専用

▲▲漫画ダウンロードは画像タッチ▲▲

スマホ専用コミック(android & iPhone対応)

試し読みは完全無料です!